活性酸素を増殖させないように気をつけよう

酸化した食品を極力摂取しないようにすることも美容を保つ秘訣です。
しかし、酸化した食品とは一体どう言うものでしょうか。
たとえば、りんごを切ってしばらく置いておくと、切り口が褐色になります。
これが酸化です。
酸化した食品は味が落ちるだけではありません。
体内の活性酸素を増殖させてしまいます。
肌の老化が進み、シミやシワをつくる原因になります。
美容の大敵と言えるでしょう。
酸化食品の代表格とも言えるのが油です。
しかし、油を使わないわけにもいきません。
ちょっとした工夫をしましょう。
油は大量に買わないことです。
そして、開封したらなるべく早く使いきるようにし、冷暗所で保管しましょう。
また、抗酸化食品を摂ることも大事です。
抗酸化食品は美容のためには食べないわけにはいきません。
抗酸化食品の代表格と言えば、トマトやブロッコリーが挙げられるでしょう。
細胞をリフレッシュし、美しい肌をつくってくれるので、毎日食べるべきです。